So-net無料ブログ作成

地役権の目的変更 [不動産登記]

送電線設置の地役権は良く見かける登記です。
先日、この地役権の目的の変更登記を申請しました。

もともとの地役権の目的は送電線の架設&建造物の設置禁止等でした。これを送電線路の最下垂時における電線から3・6メートル以内の範囲の建造物の築造禁止に変更する契約です。

建造物の築造全面禁止から一部禁止の変更ですので、この部分だけを捉えると、明らかに地役権設定者にとって利益変更です。
ところが、この変更に加え、危険物の製造等の禁止事項が同時に追加されましたので、地役権者と地役権設定者のどちらが登記権利者になるのか、どちらが登記義務者になるのか、悩ましい事態となりました。

結局、この案件では、地役権設定者にとって明らかな利益変更ではないことから、地役権者が登記権利者、地役権設定者が登記義務者として登記申請しました。

なお、この地役権の後順位には担保権が設定されていましたので、地役権変更登記を付記登記で行うため、担保権者の承諾情報も必要となってしまいました。

↓ 事務所のHPはこちら ↓
http://www.office-iguchi.jp/


2017-05-01 18:00  nice!(3) 
共通テーマ:仕事



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。